2022/07/19

大きな布をつくりたくて


染色家の柚木沙弥郎さんの展示を観てから、大きな布をつくりたい!という気持ちが湧き出てきています。

こうやって小幅の布を接ぎ合わせた風呂敷など、昔の物で目にすることがあります。
今は幅の広い布が普通に有りますし、わざわざこの方法で大きな布をつくることは少ないと思いますが、昔ながらのスタイルで私も手ぬぐいから大きな布をつくりました。

画像の布は手ぬぐい一枚分よりも長い状態のものを、3列並べたような形で縫い合わせてあります。
ほぼ正方形ですが、縦の長さが少しだけ長くなっています。
(その方が風呂敷として使った場合に使いやすいそうです)


この大きな布を作る時に、手ぬぐいがそのまま並んで細長い状態から正方形になるという形の変化以外にも、柄の見え方が横に広がる事で、面白く新しくなって欲しいという気持ちが有ります。
並べ方やカットする長さを工夫したりで、同じ柄でも手ぬぐいの時とはまた違った新鮮な景色が現れて、楽しみながらつくっています。

籠や家具の埃よけ、空間のちょっとした間仕切り代わりに吊るしたり、ポスターのように壁に飾ったりもいいかもしれません。風呂敷としてもおすすめですが、あまり重すぎる物や尖った物は生地の薄さからお気をつけていただきながらの方が良さそうです。


大きな布は今週末からの「夏のカケラ」で展示をします。
第7波とちょうど重なってしまったような状況とも思いますので、ご無理のない範囲で、よろしければご覧いただけたら嬉しいです。



夏のカケラ 展

bonhanco / 版画
菅原裕之 / ガラス
nangoo / ガラスアクセサリー・モビール
zucu / 手ぬぐい

7月23日(土) - 7月31日(日)
11:00~17:00
会期中水曜定休

場所:Gallery + Shop Loqat
神奈川県川崎市中原区木月住吉町15-50
(東急東横線元住吉駅徒歩5分)