2022/06/27

注染は同じ柄でもいろいろ


新作「四葩」の紹介記事でも触れていますが、注染は同じ柄でも仕上がりにそれぞれ個性があります。

そして、そこが魅力でとっても面白いところでもあります!

私は注染の体験が少しは有るものの職人ではないのでいくらか想像も入っていますが、ボカシに個体差が出るのはまず堤防役である筒糊の手描きのラインが毎回同じにはならない事、2色の染料を注ぐタイミング、方向や勢い、染料吸引の回数やタイミングなどが関係しているのだと思っています。

そして、全て人が行う事なので、毎回全く同じことにはなりません。

またその日の気温や湿度などの環境からも、染料や糊が影響を受けたりして柄の出方や色合いも変わってきたりします。

例えば30枚位ごとで染めたとして、差し分けなどのボカシなんかはその染めた単位では似た具合になっていて、その30枚の中で小さな違いが出ていることが多いです。
ですが別の30枚の単位どうしでは、大きく違った感じに仕上がっている事もよくあります。

「たいりん」も中心部分のボカシが大きめで明るめに出ているものや、小さめで濃いめに出ている仕上がりのものがあったりで、それぞれに少し印象が違います。

注染のこういった独特の味わいや魅力を伝えられるよう、デザインも工夫していきたいと思っています。

2022/06/26

新しい柄「四葩」



手ぬぐいの新しい柄「四葩(よひら)」ができました。
四葩とは紫陽花の別名、また花びらが4枚あることの意味もあります。

クローバーにも見えますが、紫陽花の花(正確には葉っぱ)のかたちを元にデザインしています。

2色つくっていて、どちも燻んだ水色、燻んだ赤で言葉では何色と表現したら良いのかなと悩んだので、水色は寒色の「寒」赤系は暖色の「暖」としてみました。

「四葩/寒」「四葩/暖」急に和っぽくなってしまいましたが、柄も見方によっては和の要素を感じるデザインになっているような気がします。






ボカシの部分がポイントの柄になるのですが、今回も個性豊かな仕上がりになっています。
大きくボケたもの、小さくくっきり目に出ているものなど印象に多少の個体差がございます。

それぞれを注染の特徴として、お楽しみいただけましたら幸いです。



「四葩」は私にとっては珍しいタイプの大きめの柄になるのですが、昨年「たいりん」で大胆な柄をつくって楽しかったのと、今年のはじめに観に行った柚木沙弥郎さんの展示で大きな柄と赤の色が印象的で、影響を受けている結果でもあります!

色も今までは、特に差し分ける場合では同系色で考えることが多くて、赤と紺のボカシを選択する勇気はなかったのですが、これからはこの赤とも仲良くなれそうで色の幅が広がって嬉しいです。


四葩は宮崎のおおまえ布店さんでの「てぬぐい展 #4」から、関東では7月23日から元住吉のGallery + Shop Loqatさんでの「夏のカケラ」でご覧いただけます。

「てぬぐい展 #4」は明後日から早速スタートです!

2022/06/14

展示のお知らせ|てぬぐい展 #4




今年も、宮崎のおおまえ布店さんで開催の「てぬぐい展 #4」に参加をさせていただきます!

新しい柄も準備しています。
また今回は手ぬぐいに加えて、裂き織りの作品も少し、ご紹介をしていただける予定です。

ご一緒させていただくのは大分のよつめ染布舎さん、沖縄のDoucattyさん、大阪のhiraliさんです。

夏の一ヶ月間、どうぞよろしくお願いいたします!


てぬぐい展 #4
2022年6月28日 - 7月26日
営業日はお店のHP・インスタをご覧下さい

場所|おおまえ布店
宮崎県宮崎市清水3-8-7 日興ビル203

参加作家名
よつめ染布舎 Doucatty hirali zucu

2022/05/05

「たいりん」2枚の型紙


昨年の夏にできた「たいりん」は、2枚の型紙を使用しています。

注染てぬぐいは基本的に1枚の型紙で染められている事が多いと思うのですが「たいりん」のように2枚以上の型紙を使って染める場合もあって、細川染めという名前で呼ばれています。
1枚の型紙では出来ない表現を、2枚以上使うことで出来るようになったります。


「たいりん」の型紙の1枚目はこちらです(下)
上の画像は彫っている途中の段階で、まずは柄のパーツが離ればなれにならないように全てが繋がった状態に彫ってから、裏打ちをした(和紙を裏からくっ付けた)状態。
そこから型紙の要らない部分を切り落として下の状態になって、彫り上がりです。
裏打ちの和紙のおかげで、離れたパーツも固定されています。

シンプルで大きな形なので、1枚目は簡単に掘り上がりました。
この型紙は、薄い青紫色を水ぼかしで染める時に使用します。



2枚目の型紙も、まずはこの様に繋げて彫って裏打ちします。


離ればなれにならないために柄を繋いでいる部分をツリと呼ぶのですが、このツリの付け方が初めに教わった時と比べて、だんだん自己流になってきた気がします。

ツリの付け方も、特に細かい柄だと重要になってくると思うのですが、
注染はそこまで細かい柄は技法的に染められないので、最終的にデザイン通りにきれいに間違いなく彫れる事を目指して、自分でやりやすいように付けています。


2枚目の型紙の中心に向かって細くなっていくところが思っていた以上に大変だったので、彫る時とツリを落とす時と集中しました。
ツリもきれいに切り落とさないと、柄に影響が出てしまうところです。


無事にツリが落とせて、2枚目の型紙が彫り上がりました(下)
この後は両方とも漆による紗張りを職人さんに行っていただき、型紙は完成です。

この2枚目の型紙はメインの柄部分を染めるのに使用します。
染めは、青っぽい色と濃い紺の差し分けです。



出来上がった「たいりん」手ぬぐい。


この細川染めでの工夫した点は、柄の中心部分に少し白を残すところでした。
ここをどうしても残したかったので、いろいろと考えました。

この柄では難しい事や新しい事にチャレンジができて、そしてきれいに染めてもらうことができて、本当によかったです。

注染って思い通りにならないことも多いのですが、やっぱり面白いし大好きです。

2022/03/21

花器と裂き織り、ありがとうございました



昨日をもちまして「花器と裂き織り」は終了いたしました。

お手に取ったり、お目に留めてくださったお客さま、企画をしてくださいましたちゃらっぽこさん、作家の町田裕也さん、ありがとうございました。

私は町田さんの作品の中から、触り心地がスベスベで気持ち良くって貫入にも惹かれた花器を購入させていただきました。

(貫入って不規則で細い迷路のような文様がかっこいいなぁと前から憧れていて、いつか手ぬぐいのデザインにも取り入れてみたいと思っているのですが、注染だとあの細さが再現できないのでどうしたら良いかなぁとずっと悩み続けています)

久しぶりにお花をいくつか買ってみて、私も「花器と裂き織り」を楽しんでいます。
お花を飾るのって、やっぱり良いですね。

この度は裂き織りをご覧いただき、ありがとうございました。

2022/03/14

ちゃらっぽこさんで開催中です


町田裕也さんの個展「ふだん着の器展」と個展内同時開催の「花器と裂き織り」が練馬のちゃらっぽこさんで開催中です。

町田さんの様々な形や雰囲気の花器と、裂き織りの組み合わせをご紹介いただいております。
お好みのペアを発見していただけたら、私もとても嬉しいです。

会期中は16日(水)がお休み、月曜から金曜日までは12時から17時、土日は11時から17時での営業とのことですので、お越しの際はお時間など、どうぞお間違えのないようお気をつけくださいませ。


ー 展示情報 ー

町田裕也 ふだん着の器展
 /同時開催「花器と裂き織り」

2022年3月12日(土) - 20日(日)11:00 - 17:00/月から金は12:00 - 17:00
*会期中16日(水)はお休み

会場|日本の手仕事の店 ちゃらっぽこ
http://charappoco.com/
東京都練馬区桜台5-11-18 欅の音terrace208号室

2022/03/10

「花器と裂き織り」に向けて、練馬へ発送






今週末の3月12日からの展示、会場は練馬のちゃらっぽこさんに向けて、裂き織りたちを発送しました。

今回は赤い色、2色を組み合わせたもの、ティーマットくらいの少し大きめのものなど新しいタイプも紹介していただける予定です。

1〜2点ずつの物も多くて、なるべくたくさんの種類を見比べて楽しんでいただきたいと思って準備をしました。

町田さんの個展の中で、特別に一緒に並べていただける風景、ありがたくて楽しみです。